2018-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スワローズ初優勝時(1978年)のメンバーとの比較

今シーズンは色々ありながらセリーグの他チームの調子も上がってこないので、「もしかしたら」最終戦終了時には嬉しい結果になってるかもしれないので・・・
リーグのレベル云々はひとまず置いといて・・・という話になりますが・・・

それに因んで初優勝時のメンバーの成績など調べて見ました。

1978年 スワローズチーム成績68勝 46敗 16分け   ←引き分け多い!

スタメン            打率 本塁打 打点
1番 セカンド  ヒルトン28歳  317 19  76
2番 サード   角   22歳  273  3  29
3番 センター  若松  31歳  341 17  71
4番 ライト  マニエル 34歳  312  39 103
5番 ファースト 大杉  33歳  327  30  97
6番 レフト   杉浦   26歳  291  17  67 
7番 捕手   大矢   31歳   268  7  44
8番 ショート  水谷  25歳   290  1   17

  
内野の控えの船田 36歳 271  8  25
あと、永尾 福富 というところが其々打点 17 15を挙げてました。

次に投手

松岡 31歳 16勝 12敗 2セーブ
安田 31歳 15勝 10敗 4セーブ
鈴木 29歳 13勝 3敗  1セーブ
井原 26歳 10勝 4敗  4セーブ
倉田 32歳 5勝  2敗  4セーブ

1978年は若松さんが2度目のゴールデングラブ賞を受賞。晩年の弱肩のイメージしかない筆者としては若松さんは守備上手かったんだ~という印象ですが、この年だけでなく2度目なので上手かったのは間違いなさそう。
捕手の大矢さんはこの年の受賞で5度目のGグラブ賞。これはイメージ通りで解りますね。

打線の印象としては何と言っても1~6番までの破壊力アリアリの並び!
3割打者が4人でその4人ともギリギリ3割でなく310以上です。
2番の角の年齢が若いのに驚いたんですが、たぶんこの年がスタメンを取った年ですね。角は右打ちや送りバントが上手かった印象で2番打者としては模範的な選手。
その繋ぎ役がキッチリ居て、特攻タイプでチームを引っ張る1番打者も居て、3~6番に「好打者」「強打者」「勝負強い打者」とタイプが違って左右のレベルの高い打者が並ぶ打線は理想的ですね。

大矢さんも意外な一発があり、守備の人のイメージがあった水谷も290打ったんですね~。
開幕以来ず~と0封負け無しで129試合連続得点のリーグ記録を達成したことも納得です。

打線も良いですが、先述の大矢 若松のGグラブに加えてショート水谷でセンターラインの守備もしっかりしてたようです。
サードの角も上手かったし、大杉さんは監督の広岡さんが「一番守備が上達した選手」と言ってたので上手かったんでしょう。。
精神的な主柱として大杉さんという存在も居たし。
野手のメンツは文句なしに優勝メンバーとしてふさわしいと思ってます。


投手では柱になる投手が2人。
松岡と安田です。このころは抑えの役割が決まってなくて先発投手も大事な場面では抑えで登板してて先発で15勝以上してるのに登板数が2人とも40試合越えてますね。
この2人は当時31歳でそれまでの実績もあり所謂脂の乗り切った状態で投手陣の精神的な柱にもなっていたのではないでしょうか。

あの頃のエースは今みたいに中6日空けての登板間隔でなく中4日とかで投げてた気がする。しかも1試合130球とか平気でなげてたような。。。
それでも松岡は通算で190勝してます。こういうのを見るとただ間隔を空けるのが投手生命を延ばすことになるのかという疑問も出てきますが・・・個々の体力や投げ方での体への負担なども個々で違うので一概には語れないですね。岡林 伊藤智のようにプロ入り間もない時期での酷使は止めて欲しいですが。。。

松岡 安田以外の投手も其々セーブを挙げてるんで使える選手は少数精鋭で総動員で戦ってた感じです。
鈴木投手は王選手に756号を打たれた投手として有名ですがこの年の13勝3敗の勝率は立派ですね。

因みに今年の野手スタメン(昨日のもの)
1番 比屋根 288  0本 2打点
2番 川端  328 3本 32打点
3番 山田  320 20本 53打点
4番 畠山 277 19本 63打点
5番 雄平 245 4本  38打点
6番 大引 211 1本  19打点
7番 デニング 210 3本 15打点
8番 中村 236 0本 22打点

1978年に比べると5番以降が一気に弱くなりますね。
川端の打率が良いといっても若松はさらに上の打率で加えて長打もありました。今年は山田の活躍も目立ちますがマニエルは3割39本100打点。大杉も327の高打率に30本塁打に97打点。
他が弱いのでこれから優勝目指すためには川端 山田には若松 大杉を越える活躍を期待でチームを牽引して欲しいですね。

精神的な主柱になるには山田は未だ若いので川端か畠山にその役割は期待したいんですが、これまではチームを引っぱって行く空気をあまり見せなかったのでこれからはチームの中心選手として精神的な牽引役としても期待したいです。個人的には大引の雰囲気はチームを引っ張っていける雰囲気ありそうです。まだ移籍1年目なんで遠慮してるとこもあるかもしれないですが、打つ方も上がってきたので遠慮せずドンドン前に出てきて欲しいです。

あと、もちろん雄平の復活は優勝するためには必須条件です。
しかし、打順を5番にしたり7番にしたりするのに1番2番には置かないのはなんなんでしょう?
1回試してみろっつーの。

思い切り良いスイングとか少々のボール球でも打ちにいくとことか初球からガンガンいくとことかヒルトンっぽいですけどね。

いつも通り長くなったので投手は手短に。。。

優勝するためには絶対的な頼れる柱が居ると戦いが楽です。
現状メンバーだと残念ながら居ないんですよね~。
故障明けの館山に頼るようでは優勝はムリ。なので・・・

ここからは希望になるんですが個人的には杉浦ですかね。ちょっと弱いかもしれないですが他に居ない・・・
エース級を育て切れてないのが現状のスワローズ。
名前が浮かぶのは 新垣 石川 館山 成瀬 ・・・
若手のサムライジャパンに選出されそうな投手が居ない・・・

中継ぎ抑えが安定してるのでそこ重視の戦いしかない感じですね。
と、最後は下がり気味のトーンで終わってしまいそうな現状ですが、セリーグの他のチームも決めてがないですからね。
棚ぼた感はありますが、最後に良い結果が待ってるかもという期待もあります。

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

ベイスターズの山崎康

昨日で23セーブ目らしいですが。投げさせ過ぎじゃね?
選手生命が一瞬で終わるような使い方はして欲しくないな~。良い投手だけに。
目先の勝利やタイトルしか見えずに多少ムリしてでも投げさせて一瞬の輝きだけで終わった投手は今まで沢山いるので、長く選手生活できるように、その辺はベンチがケアして欲しい。

現ソフトバンク監督の工藤が現役を長く続けられたのはけっしてムリな登板はしなかったからというのもあると思うので。
計算高いというと聞こえが悪いですが、プロ野球選手は高給取りといっても1部の上位選手だけだし、自分の体がポシャると終了ですからね~。その後の保証もないし。
運よく球団職員とかになる選手もいますがそれもごく一部。

年棒も貰える時に貰えるだけ貰えばいいと思うし。
実力の世界なんで実力が落ちて居なくなるのは厳しいけどそこはショウガナイ世界。。。ですが実力があるのに故障して良い選手が見れなくなるのはプロ野球ファンとしては非常に残念ですからね。

伊藤智とか岡林とか石井弘も。怪我さえなければ魅力あってもっと見たかった投手だったので。。。

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村

今年の7月のスワローズは?

今日は雨で中止。
昨日は完敗でしたがその前まで4連勝で5割までいきました。
現在借金1。

昨年の交流戦明けは散々な試合が続いてた印象で早々に優勝諦めた記憶があるんですが、今年は7月4日現在でまだ借金1.。
セリーグの他球団の調子も上がらないこともあってなかなかいい位置につけてます。
もし今後優勝争いしていくなら貯金10以上のチーム同士で争って欲しいですが・・・

まぁそれはともかく、昨年と今年とどこか違いがあるのか?ちょっと調べてみました。
昨年の7月は散々でしたが今年の7月はどうか?
因みに昨年の7月のチーム勝敗は6勝14敗でした。

まず投手陣。

今年の先発ローテの7月現在の6人は
小川 石川 成瀬 古野 新垣 山中   ・・・ですかね。
表3人はローテ確定してますが 残り3人は実績が無いので結果によって外れたり入ったりする微妙な立場で他に居ないからという理由で先発として使ってる感じ。
新垣は徐々に信頼を得てきてるかもしれないですね。

昨年の7月の先発ローテは
石川 小川 石山までは確定ぽいですがその後に続いてたと思われるのが ナーブソン 八木 村中 木谷 あたりが7月は先発してました。
やはり印象通りけっこう打たれてましたけどね。。。

昨年の石山はたしか開幕から中継ぎでずっと使われてて7月くらいに先発に転向して投げてたと思うのでこのころは先発テスト期間な感じですね。昨年のブログにも書いたんですが春先から先発投手としてキャンプを送ってればもう少し違った形になってたと思うんですけどね。先発タイプでの起用で統一して育てるつもりなら焦らずに2軍で鍛えるのもありだったと思うんですがお手軽な中継ぎで起用しようとしたのがどうもね~・・・という愚痴はともかく・・・

先発陣を比べると昨年は八木がたまに良いピッチングしてましたが、ナーブソンはよく打たれてました。村中も先発してましたが良い時悪い時の差が激しくて安定感無し。今年は新垣と古野がまずまずのピッチングしてるのでここが八木と同等としてプラス材料としては成瀬が打たれるけど5から6回くらいまでは試合作ってくれるので成瀬が居る分少し今年の方が上かなという感じ。

・・・まぁ今年もそれほど安定感ある先発投手は居ないですけどね~。でも昨年と比べると序盤の大量失点で試合が壊れることが少ない印象。ビシっと抑えることは無いけど打たれながらも踏ん張ってなんとか試合を作ってくれてるのが今年の先発陣。

で、中継ぎ陣を比べてみると

昨年もバーネットが最後の抑えをやってましたが安定感無く7月の試合だけでも勝ち試合を9回に打たれて同点にされたり、サヨナラを打たれたりしてました。
中継ぎは秋吉 カーペンター 江村 岩橋 久古 松岡などですがこの面子が勝ち試合でも負け試合でも出てきてますね。
特に秋吉はルーキーイヤーなのに登板多いなという印象でちょっと使い方考えろよと思ってました。調べたら7月の試合数20に対して秋吉の登板は9試合。ほぼ2試合に1度。その内負け試合が7試合。敗戦処理の投手じゃないし、むしろ成績からみても勝ちパターンの投手をこれだけ負け試合に投げさせるのはちょっと起用法がオカシイですね。
余談ですが9月に入ってもまだ投げさせてたのを見てこのブログで来年も活躍する投手なんだからさっさと休ませろみたいなことを書いた覚えがあります。昨年の酷使のツケが今年少し出てるような気もしますね。 ・・・という愚痴もともかく・・・

対して今年の中継ぎ陣は ロマン オンドルセク バーネットの外国人3人が勝ちパターンを作って安定してるのが昨年と比べて大きなプラス。
中継ぎで1本勝ちパターンができたおかげで秋吉 中澤 松岡などの投手の起用法や出すタイミングも判断し易くなってるはず。

先発陣が中盤まである程度試合作ってくれて、中継ぎ陣が昨年より安定してるので投手陣は断然今年のほうが良くなってます。

ちょっと長くなってきたのであとは簡単に。

野手陣は打撃だけなら雄平が調子良くてバレンティンも居た昨年が上ですが、レフト ショートの守りがボロボロだったんで打って点取っても拙い守備で余計な得点を相手に与えるシーンもありました。
今年はバレンティンが居ないし(デニングもそれほど上手くないですが)、ショートに大引が入ってサードの川端 セカンドの山田の守備面でのレベルアップがあり余計な得点を与えるシーンが少ないですからね。
野手陣のほうも昨年より戦力アップしてますね。

あとは、監督が小川監督から真中監督に変わってますが、いまのところ作戦面では特に良くなってる感じもなし。
ただ、投手陣は中継ぎ~抑えが固定できたので昨年よりは投手起用がやりやすくなって、意味不明な投手起用が今年はあまりない印象。
昨日の大差負けの試合でも負け試合を作って投手の無駄使いを抑えれたのは良かったですね。

え~と、何が書きたいか解らなくなってきましたが、とにかく戦力は昨年よりアップしてるので5割前後でもたもたしてないで他チームが調子上がらない今のうちに一気に抜け出して欲しいですね。(*^。^*)
眠くなったので尻つぼみでスミマセン(>_<)

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村



リーグ戦再開~後半戦に向けて期待の選手など 個人的に

その前に、セリーグ6/17現在の順位表。
1位 ジャイアンツ 34勝32敗
2位 DeNA     32勝33敗
3位 阪神      31勝33敗
4位 ヤクルト    30勝34敗
5位 中日      30勝35敗
6位 広島      28勝35敗

首位の巨人のみ2つの貯金(首位で貯金2個だけ?)
2位以下は全チーム借金持ち。

交流戦はパリーグ圧勝で勝ち星はあっちにばかり集まってしまいました。
パリーグのチームが強かったのでしょうね~。
なにか・・・弱いリーグの中で頑張っても・・・みたいな気持もあったりしますが、交流戦の結果は置いといて個人的に飛躍して欲しい選手を挙げていこうと思います。

◎まず、児山。ではなく大化けして欲しい2人の投手から。

右の大場 左のウーゴ

◎大場を見たのは一昨年の春。その後ずっと2軍暮らしで多分1度も1軍に上がってないのでは?

今年ここまで2軍で7試合に登板 防御率8.31 
1イニング3四球などもありやはりコントロールが課題の様子。
今26歳だからこの1~2年くらいが勝負ですかね。

一昨年見た時の印象はコントロール悪そうだなと思ったのと誰かの投げ方に似てると思ったんですが、
突っ立った感じで真上から投げおろす投球フォームは、昔のドラフト1位高野光に似てると思いました。

高野は現役引退後不幸があった投手ですが、入団当初はその当時スワローズに居なかった本格派の投手ということで登板時はかなりワクワクして見てました。
前評判通りストレートがムチャクチャ速くてフォークの落差も凄いピッチャーで、調べたらルーキーイヤーに開幕投手をやってました!
横道ついでに高野のデータを書くとルーキーイヤーに開幕投手 その年10勝12敗セーブも2個。
翌々年に12勝。その後肩痛などで登板機会減るも野村監督時代に復活して7勝の活躍。
この投手は生粋の本格派という感じで大好きな投手でした。。。。「でした」と書かないといけないとこが悲しいですが。。。

元に戻します。
大場の投げ方に高野の姿が重なるので、出てきて欲しい投手なんですよね~。
このブログでオンドルセクの投げ方を初めて見た時に「日本人だと絶対にコントロール悪い投げ方だけど外人はあの投げ方でコントロール付けてくる投手もいるので・・・」と書いたんですが、もしかしたらオンドルセクのリリースの時の形が大場の参考になるのかもと思ってみたり。リリースの瞬間が似てると思うんですがオンドルセクはまずまずストライクゾーンにコントロールしてきますからね。

どんな形にせよ、今は本格派の卵なんで2軍の指導者の力でセットアッパーや抑えで1軍の戦力になるくらいに育てて欲しいです。確率は低いかもしれないですがハマればデカく化けそうなので。

◎左のウーゴを見たのは小川監督時代の9月の消化試合の時。
荒削りながらストレートが抜群に速くて「こりゃ来年は楽しみ!」と思ったんですが故障などあり昨年は登板無し。
今年は2軍で6試合登板して8回と3/2を投げてまだ自責0。
投球は見れてないですが、あの印象のままなら早く1軍で見たい選手です。特に左の中継ぎは手薄ですからね~。
妄想としては右の秋吉 左のウーゴでバーネット オンドルセクに繋ぐ役割をしてくれたら中継ぎ陣がかなり万全になるんですが。

◎あとこれも左でオープン戦では活躍してた児山。
2軍では先発の試合が多いようなので先発として育てる方針なのでしょうか?
オープン戦などで児山については色々書いたのでここでは省略。
シーズン始ってからずっと2軍なのでそろそろ1軍で見たいですがどうなんでしょうか?

因みに6月17日現在の成績
2軍で10試合に登板38回1/3を投げて 防御率5.17
上がって来るのはもう少し実績残してからですかね。今シーズンどこかで必ず上がって来る投手だと思いますが。

◎もう1人は岩橋。
今年2年目。
昨年は中継ぎで投げてたんですが途中故障でリタイヤ。
昨年投げてるのを見た時はちょっと変則ですが良いピッチャーだな~と思って見てました。
で、今年怪我さえ治れば使えるだろうと思ってたんですが、なかなか調子が上がらないようで・・・

復帰後の2軍成績
8試合に投げて8回で防御率9.00

これはまだまだ1軍には遠そうです。岩橋は昨年の投球ができれば先発でもイケると思ってます。。。

個人的にはこの4人ですね。

------------------------------☆-----------------☆--------------------

◎実績組の八木 村中はどうなんでしょう?

八木は出てこなきゃイケナイ投手なんですが先日の登板では持ち味のストレートが全然ダメだったので時間かかるのか?

村中はこのブログで出てくる度に書いてるんですが年々フォームが悪くなっていってる。
昨年ほんの一瞬活躍した時も水呑み鳥みたいな軸足が最後にピョコンッと上がる変なフォームになってました。
アレは自分で考えてあのフォームになったのか?投手コーチの影響か?
このまま消えてしまうにはもったいない投手なんで、フォーム矯正できる投手コーチの居るチームにトレードでもしたほうが本人の為にも良いような気がしますが。。。

------------☆------------☆---------------☆------------

◎ドラフト組は・・・
昨年ドラフトで5人の投手を獲得したんですが・・・
しかも高卒は1人も無く、社会人4人大学生1人の即戦力を見込んでの獲得選手でしたが・・・
未だ誰も1軍での活躍無し・・・

動画を見た感じでは竹下はけっこう良いような感じがしたんですけどね~。

その竹下の6月17日時点での2軍成績
19試合に登板 18回2/3を投げて防御率9.16
これから調子が上がってくることに期待しましょう。。。

風張は動画見た感じでは即戦力じゃないな~と思ったんですが、
風張の6月17日時点での2軍成績
10試合で45回1/3に投げて防御率3.38

2軍の投手の中では最多イニングの投球回数。ただ、絶対的に相手を抑え込んだという投球はなさそうなのでこれが1軍となると?まぁでも何度か1軍の先発で試そうとしてるのでまた見てみたいですね。

-------------☆-------------☆----------------☆-----------


◎あとは故障上がりの2人

由規は4月28日の登板からその後投げて無いですがどうなんでしょうか?でもムリは禁物ですね。

館山は次回18日に2軍で登板予定。その時の状態如何で1軍に上げるか決めるとスポーツ新聞にありました。
チラッと最近投げてるとこを映像で見たんですがちょっと太りましたかね?
大丈夫なら1軍での登板予定は28日?らしいです。
怪我を押してチームの為に投げてたのを知ってるだけにもし復活したら胸アツですね。
復帰試合は絶対見に行きたい!のですが・・・
28日はどう足掻いても見に行けないのでできれば違う日になればいいなと思ってマス。
どうしても28日になるなら完全録画しかないですね。

---------------☆--------------☆--------------☆----------------

長くなったので野手は簡単に。

というか野手陣は頻繁に1⇔2軍の入れ替えがあるので特に居ないかな。

藤井は1軍でもう少し見たかったですけどね。藤井をベンチに入れとけばキャッチャーもできるので西田を代打で使えるんですけどね。
足速いから代走もイケるし。使い勝手は良さそうな選手なんですが1軍に戻ってくるのは2軍でじっくり鍛えてパワーアップしてからですかね。

これくらいかな。
リーグ戦再開は土曜のタイガース戦。打順はちっとは変えてくるかな?

-------------------☆------------☆-------------------

このブログをなでしこのサッカー見ながら書いてるんですが、宮間って凄すぎるやろ(@_@;)
日本でも評価されてるけどもっと評価されていいんじゃね?海外のチームに居たら神扱いレベルの選手だと思うが・・・
この選手は調べれば調べるほど凄いな・・・

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村


東京ヤクルトスワローズ ブログランキングへ




スワローズ急降下!この7試合で1勝6敗。

GW中はバタバタしててブログが更新できませんでした。
試合もほとんど見れてなくて結果だけチェックしてたんですが・・・

負けが続きましたね~。只今5連敗中。ついに借金生活になり2つの負け越し。
数字的にはまだすぐに挽回できる数ですが4月の戦い方と比べるとマイナスの要素が増えてきてるのが嫌な感じです。

4月は投手陣で勝ってきたんですが、その安定して試合を作っていた先発陣がこの5連敗中は其々失点が 
八木5回で5失点
成瀬6回で5失点
石山5回3分の1で4失点
小川3回で4失点
石川3回で4失点

せめて5回まで投げてくれればいいんですが3回で交代の試合もあり。
しかもこの顔ぶれは現状のスワローズ先発陣が皆悉く先発失敗してしまってます。
誰か1人でも良いピッチングしてればまだ救いがあるんですが全員やられてるとヤバさ加減が増しますね。
まぁ成瀬・石川・小川はこれまでの実績があるので後には引きずらないと思いますが。

問題なのは八木のところで八木は確かこの登板の後2軍落ちしたはず。前々回の登板でもストレートが昨年より遅くなってたので今年は調子が上がって来ないみたいです。暫くは戻って来そうにないですね。
新垣が2試合ほどまずまずのピッチングで期待できるかも?と思ったんですがここのとこ2軍で打たれてるようで・・・
杉浦もまだ帰って来ない。となると誰も居なくなってしまいましたね。

昨日ルーキーの寺田を1軍登録してたので先発で試してみるのでしょうか?
オープン戦の投球ではそれほど魅力は感じなかったんですが、高津投手コーチの推薦でドラフトで獲った選手らしいので1軍でどれだけの投球をするのかですね。

寺田を入れてもまだ先発の頭数が足りないので杉浦が帰ってくるまでロマンとか古野でやりくりするのでしょうか?
先発陣は厳しい状態が続きそうです。

2つ目は野手陣の主力選手の離脱。

雄平が死球をくらってスタメン落ち。大引が脇腹の違和感で2軍落ち(全治4~6週間)

4月のブログに書いた中で4月の好調さはセンターラインが良くなったことと書いたんですがその内の2人が離脱してしまいました。
打つ方では雄平。
守りの方では大引。

今年の雄平はボール球に手を出し過ぎるので安定感はイマイチでしたがやはり打線に雄平が居ると怖さがありますからね。明日には帰ってくるのでしょうか?万全な体調になるまでムリはしないで欲しいです。
大引についてはこのブログで何度も書いてますがやっぱ存在感は大きいと思います。ショートに大引が居ると軸ができる感じです。まぁでも大引も万全に治してから戻ってきて欲しいです。

ショートは最近西浦がスタメンで使われてます。
守備は元々悪くないと思ってたんですが旅行先のテレビでチラッと試合を見た時に西浦の守備が見れたんですが、まだ大引のレベルまではいかないですね。
その分ヒットは出てるのでバッティングの方でアピールすれば大引が全然打てて無いだけに打力で勝れば1軍に残れるかもしれないですね。
大引離脱で西浦にはチャンスなんでここでアピールしないとですね。

主力組では川端は安定したバッティングをしてるくらいで山田もなかなか上がって来ない、畠山も4番に居るならもう少し打率を上げて欲しいところ。
昨年良かった打撃陣が今年はなかなか調子が上がってこないですね。控え組のバッティングは良いんですが。

両外国人の復帰が何時になるか不明。先発陣もポツポツ離脱してきた状況なので今月は苦しい戦いになりそうです。
こういうチーム状況の戦いで真中監督がどう采配するのか見ものですね。
昨年の小川監督と真中監督の違いを見せて欲しいです。

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村





«  | ホーム |  »

PR

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

野村の見立て わたしが見抜いた意外な長所・短所 [ 野村克也 ]
価格:1234円(税込、送料無料) (2018/3/31時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

野村のイチロー論/野村克也【1000円以上送料無料】
価格:1188円(税込、送料無料) (2018/3/31時点)


プロフィール

ちゃっくり

Author:ちゃっくり
試合観戦の私感です。
負けが続くと愚痴が多くなります。。。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

WBC (4)
∴2014・ストーブリーグ (2)
∴2014・出来事 a thought (5)
∴2014・リーグ戦(後半戦) (31)
∴2014・交流戦 (20)
∴2014・リーグ戦(前半戦) (38)
∴2014・オープン戦 (0)
2013・ストーブリーグ (0)
2013・出来事 a thought (1)
2013・リーグ戦(後半戦) (3)
2013・交流戦 (5)
2013・リーグ戦(前半戦) (13)
2013・オープン戦 (2)
2012 (3)
未分類 (8)
2015 キャンプ (3)
2015 キャンプ (0)
2015 オープン戦 (1)
2015 リーグ戦前半 (43)
2015 その他 (10)
2015 交流戦 (9)
2015 リーグ戦 後半 (36)
2015 日本シリーズ (3)
2016 選手 (10)
2016 キャンプ (5)
2016 オープン戦 (6)
2016 前半戦 (12)
2016 後半戦 (2)
2017 7月 (1)
2017 年後半 (1)
2017ドラフト (1)
2018前半 (24)
他球団選手 (1)
2018選手 (1)

you're welcom!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。