2014-09

9.11 vsベイスターズ 先発S石川-B高崎

今日は帰ってから特に用事も無かったんでスワローズ戦をチラ見。

結果は3-2で勝利してました。

先発は最多勝も狙える石川だったんですが6回で降板したようで。。。
10勝を挙げて最多勝を狙える位置まできたのに、ここんとこの石川の交代がやけに早いように思えるのは気のせいでしょうか?
もうそろそろ選手の成績優先の采配でいいように思うんですが。
今までは大量失点してても「いつまで引っ張るの?」ってくらい遅い交代が多かったのに、、、良く分からないですね~。

早めの交代の影響で今日もまた秋吉が登板させられてたし。もう、来季のために秋吉は2軍に落として調整でいいと思うんですが、このままだと登板数が60試合越えるかもしれないですね。
優勝争いもしてない消化試合ばかりなのにそこまで投手を酷使する必要あるんですかね~?
秋吉にとって今シーズンこれから投げる試合で得られるものは疲労以外何もないと思うんですが。
石川に勝ち投手の権利があるなら解りますが、それ以外でもう勝ちに拘る必要は無いでしょ。

あとは、飯原がホームラン打ってましたが、まだ3号なんですね~。もうちょっとホームラン打ってるのかと思ってた。
そこそこの活躍はしてますが今年もレギュラー定着まではいかなかったですね。

バレンティンは見てて全然ダメでしたね。あと3本でエルドレッドに並ぶんですが果たして届くのか?

雄平はやっぱタイプ的には1番が最適な気がする。
小川監督はずっと5番に置いてるけど回の先頭打者の時に雄平がヒット打ってるのを良く見る。
以前よりチャンスでも力まなくなってきたように思ったんですが、やっぱチャンスメーカーのほうが雄平のタイプに思われます。
現状2番が決まってないんで2番でもいいんですけどね。バントも上手いし。
長打力もあるのでクリンナップっぽいですが、やっぱポイントゲッターよりチャンスメーカーとしての雄平を見てみたい。
来年は1番にいて欲しいです。

スワローズに関してはこれくらい。

ベイスターズのグリエル。前にもこのブログで書いたんですがいい選手ですね~。
敵チームながら注目してしまう。
スワローズに来てくれないかな~。でも守るとこが無いですね。
もし来たら、サードが本職だからグリエルがサード、川端をファーストに回して、畠山を外野に。
バレンティン・畠山の外野はキツイか。
無駄な考えでした($・・)/~~~

そういえば、ショートの森岡はどうしちゃったんですかね?
あれだけ良いバッティングしてたのに。
チームは消化試合みたいになってますが、森岡は選手会長なんで最後まで気を抜かずにチームを鼓舞して自身も活躍して欲しいですね。
谷内がまだ全てにおいてもう少し。西浦も2軍で2割そこそこしか打ててないんでショートはまだ森岡に頑張ってもらわないといけない感じ。
未だに守備に余裕がなさそうなんで守備の向上があれば森岡で問題ないんですが。

けっこう長くなったけど今日は以上で終了!

最近は終戦ムードのせいか試合が早く終わっていいですね~。来年はこうならないように(*^_^*)

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

9.10 vsベイスターズ 先発S杉浦-B山口

結果は0-2。

今日は先発がドラフト1位の杉浦ということで投球内容に注目の試合。

初先発杉浦の投球内容は6回を投げて 2失点 被安打4 9奪三振

球持ちがいいから球速以上に真っすぐに威力あり、フォークの落差もあり、何よりコントロールが抜群でした!
普通に投げてる時と、ここぞ!の時にギアを1段階上げることもできるようで三振を取りにいった時は真っすぐの球速もアップしてましたね。
来季への期待が膨らむ投球でした。

前半戦は右の先発投手がキビシイ状態でしたが、ここにきて一気に充実してきた印象です。
小川・石山・杉浦と3本揃いましたね。
左も、石川・八木・微妙ですが村中と3本。岩橋も先発で使ってみたい。

順調なら右左で3人ずつ先発投手ができた感じです。怪我がなければですが・・・
あ、それと例のコーチがまた中継ぎ強化とか訳解らない理由でこの中の何人かを中継ぎに回したりしなければ。

と、来季への妄想も膨らむナイスピッチングの杉浦でした。

その杉浦の後に、このブログでこっそり注目してる中澤が出てきました。
最近は信頼度が上がってるのか接戦の場面で使われることが増えてきましたね。

しかし今日もイマイチでピンチを広げて降板になってしまいました。
杉浦の後に中澤を見たので、中澤の球離れの早さが目立ちましたね~。
もうちょっと球持ちが良くならないと。
あと気になるのは、中継ぎで短いイニングを全力でいこうとしてるためか、前よりフォームが崩れてきてる感じ。
まぁ、前の投げ方はまとまり感はあったけど大人し過ぎたんですが・・・
難しいとこですね。
いずれにしてもあの球威だと低めに球が来ないとキビシイです。

中澤が降板したとこで見るの止めたので、書くことはこれくらいかな。

畠山がチャンスにショートゴロでダブルプレーになってチャンスを潰してましたが、レフトにホームランをポコポコ打ちだすと暫くして調子悪くなる感じ。
先日も書きましたがあの足の上げ方だとベストの打ち方は右打ちで、引っ張りに入るとムリな動きが入ってだんだんフォームが崩れるのではないかと推測。
引っ張りに入ってもフォームが崩れなくなればホームラン数ももっと伸びると思うんですが、長年身についたフォームだからあれはしょうがないのかな。。。
パワーがある選手なんでもったいない感じですが、割り切ってアベレージ重視でいけば来年も期待できそう。

あと、ベイスターズっていつのまにか借金4まで減らしてましたね。3位まで3.5差。
スワローズもせめてこのくらいの位置につけてたら試合をもっと楽しめるんですけどね~。

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村




昨日の続き 日ハム大谷

日本ハムの大谷選手は9月7日にホームランを打って10本塁打、8月26日に先発投手として10勝目を挙げていたので
同シーズンで10勝、10ホームランを達成。

日本プロ野球では初の快挙!大リーグでもベーブルースが1918年に13勝11ホームランで達成した1度のみ。

昨日はベーブルースの事など書いてたら時間がかかってしまったので中途半端で終わってしまいました。

高卒選手の1.2.3年目の成績を調べてるとちょっと面白かったので今日も続きです。

[清原] PL学園卒 高校通算64本塁打 プロ実働22年
通算本塁打525本(シーズン最多37本・5年目) 生涯打率272(シーズン最高307・5年目)
1年目 31本 304 2年目 29本 259 3年目 31本 286

[イチロー] 愛工大名電高校卒 高校通算本塁打19本 高校通算打率501 現役23年目
通算本塁打229本(シーズン最多25本・4年目) 生涯打率NPB9年間・353 MLB13年間・319
(シーズン最高 NPB・387・9年目 MLB・372・MLB4年目)
NPB1年目 0本 253 2年目 1本 188 3年目 13本 385

[松井] 星陵高校卒 高校通算本塁打60本 高校通算打率450 プロ実働20年
通算本塁打507本(シーズン最多50本・10年目) 生涯打率NPB10年間・304 MLB10年間・282
(シーズン最高 NPB・334・10年目 MLB・305・MLB3年目)
NPB1年目 11本 223 2年目 20本 294 3年目 22本 283

[野村克也] 峰山高校卒 プロ実働26年
通算本塁打657本(シーズン最多52本・9年目) 生涯打率277(シーズン最高 320・11年目)
1年目 0本 000 2年目 7本 252 3年目 30本 302

[中西太] 高松第一高校卒 プロ実働18年
通算本塁打244本(シーズン最多36本・2年目) 生涯打率307(シーズン最高332・4年目)
1年目 12本 281 2年目 36本 314 3年目 31本 296

[岩村] 宇和島東高校卒 現役17年目
通算本塁打208本(シーズン最多44本・7年目) 生涯打率NPB12年・291 MLB4年・267
(シーズン最高320・5年目)
1年目 0本 000 2年目 11本 294 3年目 18本 278

[池山] 市立尼崎高校卒 プロ実働19年
通算本塁打304本(シーズン最多34本・6年目) 生涯打率262(シーズン最高・303・7年目)
1年目 0本 000 2年目 0本 141 3年目 6本 245

[杉浦] 愛知高校卒 プロ実働22年
通算本塁打224本(シーズン最多34本・14年目) 生涯打率284(シーズン最高・314・14年目)
1年目 0本 239 2年目 0本 108 3年目 1本 200

[大杉] 関西高校卒 プロ実働19年
通算本塁打486本(シーズン最多44本・6年目) 生涯打率287(シーズン最高・343・17年目)
1年目 1本 192 2年目 8本 269 3年目 27本 291

スワローズの選手も入れてみました^^
ちょっと感想など。。。

・元ヤンキースの松井は4年目にホームラン38本打ってます。
・清原の1年目からの成績を見ると高卒選手ながらプロ入り時にすでにバッティングが完成してたのが解りますね。
 今更ですが、優勝候補の常連チームに入団してイキナリ4番を打ってこの成績は凄いです。
 ただ、勝利至上主義の監督のチームに入ったことは通算成績にいくらか影響はしてるでしょうね。結局打撃タイトルが無 冠だったのも勝つための打撃に重きを置いたからだと思います。
・ノムさんは遅咲きのイメージでしたが3年目ですでに3割30本の成績でした。
・杉浦のキャリアハイが14年目というのはナカナカの遅咲きですね^^
・大杉さんの17年目の打率343も驚きでした。
・池山がホームラン30本以上打ちだすのは5年目から
・イチローの3年目の大爆発は流石という感じですかね

大谷の10勝10ホームランと何が関係あるのか?
何かを関係付けようとして書き始めたと思うんですが・・・

成績調べるのが面白くて全然関係ない記事に力を使い果たしてしまいましたm(__)m

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村

日ハム 大谷選手 10勝 10本塁打達成

昨日も少し触れましたが、大谷選手の偉業について。

投手として10勝したシーズンにホームランを10本以上打った選手は日本プロ野球では初!

大リーグでも1918年にベーブルースが13勝で11本塁打を達成した1度のみ。
11本ですがこの年のホームラン王だったようです。飛ばないボールの時代だったんですね。
11本でも最多本塁打を打ってる選手となると評価は断然上がりますね。

ベーブルースは前年・前々年に連続20勝以上もしていて当時は投手として活躍していたようで、
この1918年の2刀流を境に打者に転向していったようです。因みに1918年はプロ入り5年目。
実働22年で通算打率342! 通算本塁打714!

更に
投手として1年目は2勝、2年目18勝! 3年目23勝! 4年目24勝!5年目以降は野手に専念なんですが6年目以降も登板して勝ち星上げてます。

当時は第一次世界大戦中で選手も少ない状況で現在と単純に比較はできないですが凄い選手であったことには間違いないですね。

ついでに1918年というと今から96年前。大正7年。
1918年に日本での出来事を調べてみたところ

・社会科で習った「米騒動」があった年。
・松下電器産業・象印マホービン設立。
・森永ミルクチョコレート発売
・ポーランドがソビエト連邦から独立を宣言
・チェコスロバキア・ハンガリーが独立

メンドくなってきた。。。日本のことがあまりなかった(^^ゞ

主な高卒野手の1.2.3年目の成績は

      1年目            2年目                3年目
清原  126試合 31本 304  130試合(フル) 29本 259  130試合(フル) 31本 286
イチロー40試合  0本  253  43試合       1本 188  130試合(フル) 13本 385
松井  57試合  11本 223  130試合(フル) 20本 294  131試合(フル) 22本 283

眠くなってきたのでつづきは明日 zzz

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村




9.7 vsジャイアンツ 先発S小川-G久保

結果は10-3で勝利。

この神宮ジャイアンツ3連戦は2勝1敗で勝ち越し。
そういえば、最近は勝ったり負けたりで大きな連敗は無いような気がします。
連勝も無いので借金は減ってないですが。。。

今日もチラチラとしか試合見てないんで詳細は解らないですが、勝ち投手が小川で8勝目。
2ケタが見えてきました。
相手のジャイアンツの打線が調子悪そうなんで7回で3失点はまだ小川の調子もあまり良くないのかもしれませんが、とにかく勝って8勝5敗。小川は貯金ができるのが良いですね~。

ノムさんの本に「シーズンで20勝しても負けが多かったらエースとは呼べない、エースなら20勝0敗を目指すべき」みたいなことが書かれてました。(うろ覚えなんで文章は少し違うかもしれませんが)
昨年・今年とチームが最下位の状況で昨年は16勝4敗。今年も調子悪いながら3つ貯金してるのはスワローズの投手のなかではエースと呼べる存在は小川になりますね。
今年あと何試合投げるのか解らないですが、チームのエースとして今年も勝ち星を2ケタにのせて欲しいです。

バレンティンが今日はスタメンでホームランを打ったようで。これで30本に乗せました。
ハイライトで見たんですが、やっぱ上手いバッティングですね~。
怪我さえなければ今年ももっとホームラン数が増えてたのに。
来年はもう少し腹回りを引っ込めて、チームも上位争いに加わっていればまた60本近く打ってくれそう。

山田もヒーローインタビューを受けてました。猛打賞でホームランも打ったようでこれで23本。
ここまでホームラン数が伸びるとは思いませんでしたが、今年の山田は全てにおいて良い方に期待を裏切ってくれてます。
今シーズンのヒット数も古田を越えてスワの右打者で1位になったとか。
まだ高卒3年目でこの数字!凄いバッターに育ちました!
今年はここまでスランプも無かったし順調過ぎるくらい順調にきてますね。
怖いのは怪我なんで怪我だけはしないように。。。

今日の試合はこれくらい。

昨日の試合あまり見て無いんですが、石山が7回に逆転満塁ホームランを打たれてました。
6回まで0点に抑えてたのに7回で一気に崩れたようです。
こういう経験は必要ですね。今年この時期にこういう経験ができたのは良かったように思います。
力量的には問題ないと思うのでこの経験を来年の糧にしてくれれば。

あと、谷内の守備ですが難しい打球に追いついてるのは評価できるんですが、できればもう1段階上を望みたいです。
打球に追いつくのが精いっぱいで送球の体勢までいかないから送球が安定しないですね。
他チームの試合見てたらドラゴンズの大島やカープの菊池は難しい打球に追いついた後に確実に送球できそうな体勢になってるんですよね~。
守備重視のポジションなんで谷内にはそのくらいのレベルを求めたいです。

パリーグの出来事ですが・・・

日ハムの大谷が投手で10勝。打者でホームラン10本を達成したとか!
スワローズで言うと、いまのとこ10勝は石川だけなんで、石川が登板しない時に打者として5番に入ってホームラン10本打つようなものでしょうか?
あるいは、川端が今ホームラン10本だから、川端が投手もやって10勝あげるような感じか?
ちょっと違うか・・・( ^^) _旦~~

大谷のホームランて広い札幌ドームのバックスクリーン横とかに入れたり飛距離も凄いんですよね~。
個人的には投手としてより野手にして欲しいとこのブログで何回も書いてきたんですが、youtubeとかで先発の試合を見てみると序盤は抑え気味に投げてますね。で、終盤になっても球威が衰えない。投手としてのセンス云々を言う以前に持ってる能力の絶対値が違う・・・

まだシーズン途中で投手として10勝、打者としてホームラン10本もけっこう(かなり!)凄いですが、
大谷ってまだ高卒2年目なんですよね~(@_@;)
なんていうか・・・なんて形容すればいいんですかね?
凄いというか末恐ろしいというか、このままいくとどんな選手になるんですかね?
つくづく、メジャーに取られなくて良かった^^
日ハムの指名は今考えるとグッジョブ!でしたね^^



にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村

9.3 vsドラゴンズ 先発S徳山-D朝倉

結果は7-3で勝利。

先発の徳山はプロ初勝利です。オメデトウございます(*^_^*)

徳山の初めてのヒーローインタビューを聞いたりお母さんが嬉し泣きしてるのを見るとTVで見ててもホッコリしますね。
勝ち星が付いて良かった^^

もう1人のヒーローインタビューは雄平でした。
ホームランも見事でしたが、満塁からのレフトオーバーのタイムリーヒットは低めの難しい球を上手く逆方向に打ってました。
雄平は逆方向に打ってもヘッドが立ってスイングが力強いんで打球が伸びるんですよね。
このブログで雄平のクリンナップはまだ時期尚早と書いてきましたが、ずっと5番を打ち続けてきてやっとクリンナップを任せても大丈夫な雰囲気になってきたように思います。
試合を決める場面では力んだスイングになってましたが今日は普段のスイングに見えました。
ただ、消化試合っぽくなってるチーム状態なんで、これが首位争いしてる状況の打席だとまた違うと思うんですが、精神面でも1段階ずつ着実に成長していってる感じはありますね。

今日のホームランが19号。30本までは難しそうですが今年1年の経験を糧にできる選手だと思うので来年は30本打ってもおかしく無い選手になってきましたね。
来年も楽しみです。

畠山のホームランも豪快な当たりで打球はまさしくホームランバッターの打球でした。
畠山の引っ張った打球は強烈で角度がいいと飛距離も出るんですよね~。
ただ、引っ張り始めると打てなくなってしまうみたいなんで、その辺が打球の割にホームラン数が伸びない原因なのかな。
打撃フォームが引っ張る形より右に打球が飛んでる時のフォームの方がベストということになるんでしょうか。
あの足の上げ方だとやっぱ右に打つ方が自然な感じがしますが。。。どうなんですかね~

川端もホームラン打ってこれで10本。打率も高いしお見事!

問題は上田ですね~。今日は3三振?!
打てそうな感じがないんですよね~。
バッティングの基本とよく言われるセンター返しができなさそうなスイング。
なんだろう?なんでですかね?
応援してる選手なんで今の状態は残念です(>_<)
最後の打席で三振してベンチに戻っていく姿が哀しかった。。。
頑張ってんだろうけど、もっと頑張って欲しい。
他の打者は調子良いので打線は上田待ちですね。

それと、やっぱ秋吉は使い過ぎだと思います。
今日は4点差あって、しかも相手は調子悪いドラゴンズ打線なら他のピッチャーで良かったのでは?
もうチームの順位もだいたい決まってる状況なんで来年の事を考えてあまり使って欲しくないですが、使うにしてもせめて勝ち試合の接戦時限定とか、起用法を決めて欲しいですね。
もうチームの勝利のために選手にムリさせる時期ではないと思いますが。

と、愚痴も書きましたが今日は徳山が初勝利を挙げられて良かった^^
小川監督の投手起用には色々不満もありますが、今日の徳山の勝利は小川監督が我慢して使った結果徳山の勝利に繋がってお母さんの嬉し涙に繋がりましたね。

選手を育てながら勝つっていうのは難しそうですね。
勝つことに拘った采配だと選手を我慢して使うことが難しいし、育てるために我慢して使うとチームの勝利に邪魔なことが入ってくることもあるし。
雄平のクリンナップ起用も他の監督なら打順を色々変えたかもしれませんが、小川監督は一貫してクリンナップに置き続けました。
雄平もそれほど大きく調子を崩さなかったのもあると思いますが、決定打が欲しい場面で悉く打てなかったのにクリンナップを外さなかったのは小川監督の雄平の今後に対する期待が込められていたように思いますね。

来年は小川監督続投か交代になるのか解らないですが、もし続投なら来年は勝ちに拘った采配をして欲しいですね。。。

でも。そういえば後半戦が開幕するときも勝ちにこだわるみたいに言ってたような・・・
温情が入って勝ちにこだわれない人のようですが、来年ははたして。。。

あと、ドラゴンズの高橋周平。なかなか良いバッターになってきましたね。これは来年ちょっと怖くなるかも。
平田が伸び悩んでるうちに来年は高橋がグイッと来そうな感じ。
相乗効果で2人とも来たら嫌な感じ(>_<)

もう1つ。昨日の試合でこのブログで時々取り上げて注目してる中澤が登板してました。
1点差で勝ってる場面で先発ナーブソンの後に登板してきました。今までは敗戦処理的な場面での起用が多かった印象ですが昨日は接戦の大事な場面での起用でした。ちょっとあの場面での登板は驚きでしたが、防御率も1点台らしいので徐々にベンチの信頼も得てるようです。が、昨日はイマイチでしたね。
というか、調子云々より、ストレートと変化球でフォームが変わるのがTVでも解りますね・・・
昨日気付いたんですが、昨日がタマタマそうだったのならいいんですが。。。
その辺も今後の試合でチェックですね。個人的にですが。。。


にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村


«  | ホーム |  »

PR

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

野村の見立て わたしが見抜いた意外な長所・短所 [ 野村克也 ]
価格:1234円(税込、送料無料) (2018/3/31時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

野村のイチロー論/野村克也【1000円以上送料無料】
価格:1188円(税込、送料無料) (2018/3/31時点)


プロフィール

ちゃっくり

Author:ちゃっくり
試合観戦の私感です。
負けが続くと愚痴が多くなります。。。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

WBC (4)
∴2014・ストーブリーグ (2)
∴2014・出来事 a thought (5)
∴2014・リーグ戦(後半戦) (31)
∴2014・交流戦 (20)
∴2014・リーグ戦(前半戦) (38)
∴2014・オープン戦 (0)
2013・ストーブリーグ (0)
2013・出来事 a thought (1)
2013・リーグ戦(後半戦) (3)
2013・交流戦 (5)
2013・リーグ戦(前半戦) (13)
2013・オープン戦 (2)
2012 (3)
未分類 (8)
2015 キャンプ (3)
2015 キャンプ (0)
2015 オープン戦 (1)
2015 リーグ戦前半 (43)
2015 その他 (10)
2015 交流戦 (9)
2015 リーグ戦 後半 (36)
2015 日本シリーズ (3)
2016 選手 (10)
2016 キャンプ (5)
2016 オープン戦 (6)
2016 前半戦 (12)
2016 後半戦 (2)
2017 7月 (1)
2017 年後半 (1)
2017ドラフト (1)
2018前半 (24)
他球団選手 (1)
2018選手 (1)

you're welcom!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR