2016-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年期待の選手⑦ ショート争い 大引 今浪 西浦 奥村 谷内

今年期待の選手第7弾。

現状でレギュラーが決まってない感じなのはショートとセンター。
今回はショート争い候補の5人を挙げてみます。

一番手は
昨年一番多くショートで起用された大引。

今年も個人的には大引固定で良いと思います。
イージーな打球のエラーがたまにあって失策が12個と多かったですが今年はもっと安定するのではないでしょうか。
バッティングが昨年のシーズン始めは全然打てず責任感の強い選手のようなので凡退したときの表情がヤバかったですからね。
バッティングで調子を崩して守備のほうに悪影響が出たのかもと思ってみてました。
昨年は移籍1年目で色々精神的にも負担があったと思うのでセリーグ移籍2年目の今年の成績で大引の本来の力がどれくらいか計れると思います。
個人的には守備の時にリーダーシップを見せてくれるとこを買ってます。
バッティングは打ってくれたほうがいいですが、ショートなんで守備がガッチリ安定してれば8番打たせて2割5分くらいでも十分だと思ってます。今のスワローズは他に打つ人が居ないわけじゃないので。
意外と盗塁もするので下位打線に走れる選手がいるのもイイですしね。

2番手は今浪。
昨年は大引が打てないので代わりにスタメンで使われることもあり68試合出場で打率317の高打率でした。
日本シリーズにもスタメンで起用されてましたね。
守備も悪くないのでこういう選手がベンチに1人居ると助かります。
打つ方で考えると大引の代わりにもっとスタメンで起用してもいいんじゃないかと思うんですが監督はどうみてるんでしょうね?
個人的な考えとしては大引がショートスタメンの時と今浪がショートスタメンの時では内野の雰囲気が違うと感じてます。
大引ショートの時の方が締まる感じを受けるんですよね。
これは個々の実力からくるのか、他の野手陣との相性からくるのか解らないですが。
監督の好みもあるので監督が違う人なら大引じゃなく今浪をスタメンで使うかもしれないですね。

3番手は谷内?西浦?奥村?
谷内は以前宮本がショートの後継者1番手として名前を挙げた選手ですが伸びてこないですね。
といってもまだ25歳。これからですかね。
当面のライバルの大引は守備面とリーダーシップが持ち味なんで谷内はそれプラスバッティングで上回りたいとこですが、あのバッティングフォームは無駄な動きが多すぎるような気がしてどうも個人的に好きになれないんですが。今年はどうなんでしょうか?

西浦は昨年の今頃にたぶん期待の選手としてブログに書いたと思うんですが昨年は出てこなかったですね。
初打席初ホームランを打ったように当たれば打球に角度がイイ感じでつくのでプロの体力が付けば期待できるんじゃないかと思ったんですが昨年はスイングもまだ鈍い感じで実力不足でした。
といってもこの選手もまだ25歳。今年一気に化けてくれたら嬉しいんですけどね。あと、守備が昨年はイマイチだったのでショートを守るにはやっぱ守備は安定させて欲しいです。

奥村は期待してたんですが昨年は怪我で2軍でも26試合だけ。
今年は怪我なく過ごして実力を見せて欲しいです。

とりあえず、この5人と森岡・荒木などがショート争いしてるんですが、ショートレギュラー最右翼の大引 今浪が32歳。
その後に続く選手の西浦 谷内 奥村が1軍で結果も出せて無いしレギュラーに割って入りそうな感じも昨年は見れなかったので今年は西浦 谷内 奥村の成長が見たいですね。

今年のドラフトで日大の京田というショートの指名も考えてると新聞に出てましたがそれは今のショート候補が結果を残せてないからですね。
京田を取らなくても良いくらいの成長を今年の西浦 谷内 奥村には見せて欲しいです。







にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

今年期待の選手⑥ 西田明央

前回で投手は終了。今回から野手の個人的に期待の選手です。

野手1番手は西田明央 捕手 右投げ右打ち 178cm 83kg 北照高校出身 2010年ドラフト3位

昨年相川が居なくなった後、中村が正捕手に成長してくれましたが、もし万が一中村が怪我などで離脱した状態を考えるとかなりヤバいので期待を込めて名前を挙げました。
捕手はチームの中でも肝心要のポジション。捕手のレベルダウンが他のどのポジションよりもチームのレベルダウンに繋がります。
昨年の優勝も中村の成長あってこそだと思うので。

2015年は1軍でスタメンでも起用されて
1軍成績 13試合出場 打率147 34打数5安打 本塁打1 打点2 三振11

2軍成績 39試合出場 打率258 132打数34安打 本塁打4 打点23 三振20

昨年は新垣が先発の時によくスタメンキャッチャーとして起用されてました。
投手が新垣なんでリード云々はあまり意味無いかもしれないですが最初の頃は荒れ球で危なっかしい新垣をうまく持たせていた印象がありました。
昨年は今後の為に1軍を経験するシーズンとして今年からの飛躍に繋げて欲しいです。
藤井や田中も居ますが現状では西田が中村に次ぐ2番手捕手になって欲しいと期待してます。
この選手はバッティングに迫力ありますからね。
昨年は1軍でプロ初ホームランも打ちましたが1軍の相手投手の球になかなか思うようにスイングさせて貰えず三振も多くなりました。

キャッチャーというポジションなので打撃に専念と言う訳にはいかないですが、中村に対抗するには西田はバッティングで特に長打力なら勝負できると思うので三振を気にして小さくならずに持ち味の迫力あるスイングは伸ばし続けて欲しいです。

現状では、正捕手は中村として、次に続くのが田中 藤井 西田あたり。
田中は今年34歳 藤井は期待の選手なんですが年齢が28歳なのと昨年の使われかたを見てるとベンチはキャッチャーとしてはあまり使いたがってない感じ。となると西田しか居ないですからね。(山川も居ますがまだ高卒2年目)

しつこいですがチーム編成を考えても西田の成長は絶対に必要なので今年育って貰わないと困る選手。
たぶんキャンプ~オープン戦でかなり使われると思うのでガンガンにアピールして2番手捕手どころか中村を脅かすくらいの存在になってくれたら嬉しいんですけどね。

昨年1軍の投手との対戦経験から今年はそれに対応して西田らしい豪快なバッティングを見せてくれて打てる捕手誕生!に期待したいです!







にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村

今年期待の選手⑤ 新外国人トリオ ルーキ デイビーズ ペレス

日本人の投手は出尽くしたので(早!・・・)後は新外国人に期待です。

ルーキ 投手 右投げ 193cm 111kg 31歳 
MLB通算72試合 87回2/3 防御率6.16 被安打104 与四球33 奪三振75

デイビーズ 投手 右投げ 186cm 95kg 32歳 
MLB通算152試合登板 770回1/3 防御率5.57 被安打879 与四球367 奪三振547

ペレス 投手 左投げ 183cm 97kg 31歳
MLB通算78試合登板 112回 防御率4.50 被安打116 与四球45 奪三振99

この3選手はバーネットの穴埋め要因なのか先発候補なのかはこれからのキャンプ~オープン戦で起用方法を見極めていくんでしょうね。

メジャー時代の動画が少しだけですが3選手ともあったので見てみました。

この3選手の中で個人的に期待はデイビーズですかね。
投球フォームに迫力はないですがまとまってる感じ。通算の投球成績を見ると152試合で770回投げてるのでメジャーでは先発として起用されていたようです。投球回数より被安打の方がかなり多いのが気になりますが、フォーム的に四球で崩れる心配はないと思うので、同じストライクゾーンの投球でもパワーで劣るNPBの選手相手ならもしかしたらメジャー時代よりも上の成績が残せるかもという期待はありますね。
この投手は先ずは先発で起用の方向ですかね。

もう1人の右ピッチャー ルーキ投手
193cmの長身からなんとなくオンドルセクっぽいんですが、試合数と投球イニングを見るとこの選手は中継ぎで起用されてたようです。
フォームはいかにも外国人ぽい投げ方であまり好きではないんですがタイミングは取りにくそうですね~。
この選手も投球イニングに対して被安打が多いんですが奪三振もまずまず多いので球の威力はありそう。
四球もそれほど多く無いんですよね。あの投げ方で・・・
日本の野球にハマるのでしょうか・・・
万が一ハマれば球の威力はありそうなので抑えを任せられることもありそうですが。。。

最後に左投手のペレス
昨年のプレミア12にも出場していたらしいですが見て無いです。
その紹介文に156㌔左腕と書かれてました!
左から150㌔越えるボールを投げられるなら抑え候補1番手ですが、左の中継ぎ候補と書かれてましたね?
本人談もストレートじゃなくてシンカーが得意球だとのこと。
投球フォームを見た印象は「バタバタしてるな」でした。でも与四球は112イニングで45個と多いというほどでもないんですよね。少なくもないですが。。。
過去の投球フォームを見た印象では今のところ個人的にはあまり期待しない方が・・・という印象ですが、自分で言ってるように真面目に取り組む性格のようなのでその辺が上手く日本の指導や環境で良いほうに向かえばいいですね。
日本で成功する外国人選手はやっぱ日本野球への取り組み方が真面目な選手が多いですからね。

今回のブログで取り上げるために新外国人選手3名を初めて動画で見たんですが、バーネットに代わる抑えとして使える投手は現段階では見当たらない感じでした。となると今年の抑えは誰になるのかが今年のスワローズが戦っていく上での重要なポイントですが・・・高津コーチはどうするんですかね?
でも、これからキャンプ~オープン戦で見込み以上の投球をこの3選手が魅せてくれればこの中から守護神が生まれるかも。
メジャーとNPBでは使用球も違うしマウンドも打者の傾向も違いますからね。それが良い方に出れば。
未知の選手なので期待しましょう!







にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村

今年期待の選手④ 2014ドラフト組 竹下真吾 土肥寛昌

個人的に今年期待の選手第4弾。

竹下真吾 投手 左投げ 180cm 82kg  ヤマハ出身(九州共立大学) 2014年ドラフト1位
土肥寛昌 投手 右投げ 181cm 88kg  ホンダ鈴鹿(東洋大学) 2014年ドラフト6位

1人づつ名前を挙げる予定だったんですが、予想以上に投手に期待の選手が少なく・・・今回は願いも込めて2014年組の中でこの2人を挙げます。2位の風張 4位の寺田には個人的にあまり魅力を感じ無かったので2014年組の中ではこの2人に期待します。

竹下はドラフトで指名された時に社会人時代の動画を見てスケール感あり力強いフォームが印象的で活躍してくれそうな期待があったんですが紅白戦あたりで早くも肘の違和感?、その後6月頃に肩の違和感があったようで2015年は2軍で19試合投げただけで1軍での登板は無し。

2軍成績は
19試合登板 18回2/3イニング。防御率9.16 与四球21 奪三振9 被本塁打5 被安打24

与四球も被安打も投球イニングを上回っているという散々な結果。
2軍の登板も6月までしか載ってなかったので肩の違和感後はずっと登板してないんですかね?

2軍の登板でもストライクを取るのが大変だったようでシーズン途中の情報でフォーム修正などの記事もチラッと見ました。
改めて社会人時代の投球フォームを見てみるとちょっと突っ立ち気味ですが腕の振りはイイ感じ。ただ右手がダランと下に下がったままなのが気になりますね。木谷と同じ様に投げる時に体の半分があまり機能して無いように感じます。
フォームの修正というのはその辺の手直しでしょうか?
ドラフト1位で取ったように素材は良いので投手コーチにはなんとか1軍で使えるようにして欲しいです。

昨年は2度の故障があってコンディションも思い通りにはいかなかったと思うので今年はコンディショニングをバッチリ行って本来のスケール感ある投球を今年は1軍で見せて欲しいですね。
木谷のことを書きましたが木谷よりはフォームに迫力ありますからね。竹内のほうがハマれば凄い投球を見せてくれそうな期待感あります。
--------------☆-----------☆---------------------------------☆-----------☆--------

土肥は
2軍で37試合登板 42回2/3 防御率5.91 被安打62 与四球11
四球は少ないですが被安打が多いですね~・・・

1軍で見たような気がしたんですが1軍の登板は無かったんですね。

この投手の社会人時代の動画も見直してみたんですがストレートが全部高いですね。社会人なら抑えられてもプロだとあの程度の威力で高めに来ると打ち返されます。
この投手は体重が前に乗っていかないので投げ方が大人しく見えます。四球が少ないのはその大人しめのフォームのおかげかもしれないですが・・・その大人しめのフォームの割には球速が出てるので上手く体重移動できるようになれば球も低めに来て球速も上がりそうな気がするんですが今年のフォームはどうでしょうか。。。

少し前にドラゴンズの高橋という投手が30歳越えてから球速が140㌔後半までアップした例もあるので土肥もそうなって欲しいですね。その高橋になんとなく似てる気がしたので今回取り上げてみました。

この2人のうちどちらか1人でも1軍の戦力になってもらわないと、2014年のドラフト組みが今のとこ全滅なんで意地でも頑張って1軍で結果を残してもらいたいです。








にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村





今年期待の選手③ 杉浦稔大

個人的な今年期待の選手3人目です。

杉浦稔大 投手 右投げ 国学院大出身 2013年ドラフト1位 189cm 86kg

3年前のドラフト1位で先発ローテーションにも入っている投手なんで期待の選手というよりやってもらわないと困るポジションの選手。

昨年は1軍で7試合を投げて1勝3敗。
3敗は開幕から3戦登板して3連敗でした。しかし、開幕からの3試合はそれほど悪くない内容でどちらかというと相手投手との兼ね合いで打線の援護が無く負けが付いた印象。
この3試合を見た感じでは「今年はローテーションの1角でイケるかな」と思ってたんですが、肩の違和感?で3試合投げただけで1軍を離脱。1軍に戻ってきたのはシーズン終盤の9月中旬でした。

ルーキーイヤーも怪我で1軍にデビューしたのは9月頃。
とにかくこの投手は怪我なく1年を乗り切れるかが課題です。

昨年の投球内容はローテーションの1角として計算できそうな内容でしたが少し物足りなさも感じました。
持ち球はストレートが抜群に速いという訳でもなく強力なウイニングショットになる変化球も今のところ見たこと無いのですがどの球種もプロの水準は満たしてあるくらいのレベルにはある感じ。
この投手の特長は球持ちの良いフォームとコントロールですね。
ルーキーイヤーの投球は4試合だけですがその4試合でプロでもかなり上級レベルのコントロールを見せてくれて次期の活躍を期待されました。

あのコントロールがあれば飛び抜けた球速が無くても十分やっていけると思うんですが、昨年の登板ではその肝心要のコントロールの精度が下がってる感じがしたのが少し懸念材料ですね。
それが怪我の影響からなのか解らないですが、今年はルーキーイヤーのコントロールが戻って怪我なくシーズンを過ごしてくれれば先発投手の1角として期待できそうです。
昨年はかなり期待してたのにほとんど1軍に居なくて残念だったのでとにかく怪我なくシーズンを過ごせる体力を付けて欲しいです。

この投手のコントロールは大谷の剛速球やベイ山崎の強烈な変化球と同じ様に見てて楽しくなるレベルのコントロールなので。
今年は活躍してこれぞプロ!というルーキーイヤー時代のコントロールの精度で再び凄さを見せて欲しいです。








にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村

今年期待の選手② 岩橋慶侍

個人的に今年活躍を期待する選手の二人目。

岩橋慶侍 投手 左投げ 24歳 2013年ドラフト4位 京都産業大学出身 185cm 84kg

昨年は終盤に1軍に上がって来て1試合だけ登板するも1イニングのみ。
2軍では28試合に登板して投球回数25回2/3。全てショートリリーフでの起用。しかし被安打が29と投球回数を上回ってしまってました。
一昨年に手術した左肘の完治が優先でしたがそれは早く治ったようで5月には2軍で登板してましたが手術前の投球には戻りきらなかったようです。

この投手のルーキーイヤーは左からキレの良いボールを投げて1軍でよく起用されてそこそこ抑えていました。
ルーキーイヤーの時もほとんどワンポイントの起用だったと思うんですが、個人的には先発でも使えそうな感じに見えたので当時のブログにもそう書いた覚えがあります。2年目からの飛躍を個人的に密かに期待してたんですが手術の影響からか昨年は思ったほど活躍してくれませんでした。

今年の活躍もルーキーイヤーのような投球ができるかどうかなんですが、昨年の1度だけの1軍の試合はコントロールが悪くなってましたね。それが手術の影響によるものなのか解らないですが、このキャンプ~オープン戦を順調に過ごせてルーキーイヤーのような投球が戻れば十分戦力として使えると思ってます。
先に取り上げた児山もそうですが、左投手は何人居てもいいですからね。
昨年のドラフトで毎年くらい取っている左投手の即戦力を獲らなかったのは岩橋あたりの使える目途もあってかな?と思ってみたり。

個人的にはショートリリーフより先発で使って欲しく思ってます。
ちょっと変則的なフォームですが悪くない変則なので特長になるはず。ルーキーイヤーの投球は先発できそうなスケール感もあったので左の先発候補として期待してます!






にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村

今年期待の選手① 児山祐斗

2016年の個人的に期待する選手です。

1番目は

児山祐斗 投手 左投げ 180cm 85kg 関西高校出身 2013年ドラフト5位 

昨年は1軍登板無し。
2軍成績 投球回数65回2/3を投げて4勝5敗 防御率5.07 奪三振32 与四球32

昨年の紅白戦 オープン戦で積極的に起用されてましたが、結局1軍には上がって来れず。
最初中継ぎで起用されてましたが、シーズン半ばからは2軍で先発で起用されてました。
登板毎の投球内容見てみたら7回を無失点に抑えてる試合もあるが、4回で7失点されてる試合もあり、投球内容にバラつきがあったようでした。

現在のスワローズの左投手の先発は石川しか名前が挙がらないので、是非ここに児山が加わって欲しいです。
昨年の紅白戦等の登板を見ててこの投手の投球フォームが気にいって絶対出てくると思ったので今年はそれが実現して欲しいです。

昨年のストレートの球速140㌔そこそこを145㌔前後まで伸ばせれば、フォーム的に球持ちの良い投手なんで1軍でも通用するようになのではないかと思ってます。まだ20歳で若いので球速アップも可能なはず。
石川がまだ頑張ってるとはいえ、左投手は何人いてもいいですからね。
若手の左投手がまったく居ない状況なのでなんとか今年は児山が戦力として育ってもらいたいです。






にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村


«  | ホーム |  »

PR

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

野村の見立て わたしが見抜いた意外な長所・短所 [ 野村克也 ]
価格:1234円(税込、送料無料) (2018/3/31時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

野村のイチロー論/野村克也【1000円以上送料無料】
価格:1188円(税込、送料無料) (2018/3/31時点)


プロフィール

ちゃっくり

Author:ちゃっくり
試合観戦の私感です。
負けが続くと愚痴が多くなります。。。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

WBC (4)
∴2014・ストーブリーグ (2)
∴2014・出来事 a thought (5)
∴2014・リーグ戦(後半戦) (31)
∴2014・交流戦 (20)
∴2014・リーグ戦(前半戦) (38)
∴2014・オープン戦 (0)
2013・ストーブリーグ (0)
2013・出来事 a thought (1)
2013・リーグ戦(後半戦) (3)
2013・交流戦 (5)
2013・リーグ戦(前半戦) (13)
2013・オープン戦 (2)
2012 (3)
未分類 (8)
2015 キャンプ (3)
2015 キャンプ (0)
2015 オープン戦 (1)
2015 リーグ戦前半 (43)
2015 その他 (10)
2015 交流戦 (9)
2015 リーグ戦 後半 (36)
2015 日本シリーズ (3)
2016 選手 (10)
2016 キャンプ (5)
2016 オープン戦 (6)
2016 前半戦 (12)
2016 後半戦 (2)
2017 7月 (1)
2017 年後半 (1)
2017ドラフト (1)
2018前半 (24)
他球団選手 (1)
2018選手 (1)

you're welcom!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。